兵庫県の特産品を

知ってもらおう応援団

  • 「兵庫県の特産品を知ってもらおう応援団」とは

    「兵庫県の特産品を知ってもらおう応援団」は兵庫にゆかりがあり、兵庫を愛する個性あふれる方々に白井が声をかけ2022年5月に発足しました。応援団メンバーがこれまでの経験から得た独自の視点を生かし、兵庫県のすばらしい特産品の […]

  • 「和食」と「SAKE」 日本の食文化の豊かさと素敵を伝える会 ご報告

    2024年2月14日、神戸酒心館に兵庫県の日本酒の蔵元さんやその周辺の方がた90名余りにご参加いただき、『「和食」と「SAKE」日本の食文化の豊かさと素敵を伝える会』が開催されました。   「人生100年時代」 […]

  • 丹波の酒蔵「山名酒造」

    創業時のブランドを復刻! 代替わりをして3年。「やりたいことを本当に自由にやらせて もらっています」と笑う、第十二代目当主・山名洋一朗さん。 「千歳」の復活も、そのうちの一つでした。世の中の酒造りの 主流は、乳酸や酵母を […]

  • 丹波市・「婦木農場・丹波チーズ工房」

    農家が行うチーズづくり! 敬介さんは、農業学校を卒業後、酪農を学ぶため静岡県の牧場で半年間 研修し、その牧場からジャージー牛の子牛を2頭連れて帰ってこられたそうです。 祖父の代には牛を飼っていたこともあり、酪農を農場経営 […]

  • 丹波市の蕎麦店「そばんち」香りを追求した、粗挽き蕎麦!

    店長の宮内秀勝さんは、現在2代目。2011年から先代に弟子入り され、お店を任されています。蕎麦は二八と粗挽き十割。 地元多可町産のものや、北海道、福井県産のものも使用するそう。 師匠から譲り受けた技に、宮内さん独自のア […]

  • 加西市の「絹里芋」

    煮崩れしにくく、ねっとり、やわらか。   学生時代に世界42か国を放浪したことで、日本の土と水の豊かさ を実感して帰国。加西市・万願寺川の源流に近い放棄田を開梱し、 ゼロから農家を志したという藤本さん。山田錦や […]